資料集

原案小説「D坂の殺人事件」を元に作成した資料集です。

「Dの再審」では旧事件に関する裁判の証拠として調査するため、

原案小説のネタバレが含まれます​。ご注意ください。

甲第3号証 見取図
006.JPG

事件現場付近 解説

 

白梅軒

※図 ●ロ 私と明智が贔屓にしている喫茶店 事件現場の古本屋と長屋の表通りがみえる

 

(向かいの長屋)

古本屋

※図 ◎イ 事件現場 奥に通じる障子戸は閉ざされ、学生が二人で立ち読みをしていた。

 

菓子屋

二階の物干し台で尺八を吹いており、屋根を伝って出入りしたものはいないと証言

 

時計屋

古書店の右隣にあり、争うような物音や、叫び声はないと証言

 

足袋屋

古書店の左隣にあり、時計屋と同じことを証言

 

旭屋

書店と同じ長屋にある蕎麦屋

 

アイスクリーム屋

※図 ▲ハに出店しており、長屋の裏通りの入口から出入りした者はいないと証言

  

古本屋の裏長屋

学生などが住む。

警察の充分な捜査により裏長屋の住人は嫌疑から外れている。

005.JPG

登場人物


   第一発見者
    喫茶店 白梅軒の常連
    本書の語り手 ※後の江戸川乱歩(本名:平井太郎)


明智小五郎    第一発見者
      ”私”の新しい友人で白梅軒の常連仲間
      後の名探偵


古本屋の細君   事件の被害者
       明智の幼馴染
       首を絞められた痕があり、全身には無数の生傷があった


古本屋の主人    事件発覚時は別の場所で夜店を出しており不在だった


蕎麦屋主人 事件被疑者
      被害者とは人目を憚る関係だった


蕎麦屋の妻    全身に被虐痕があるとの噂


アイスクリーム屋の主人    証言者
菓子屋の主人    証言者
時計屋の主人    証言者


学生A,B    古本屋の客
     事件当時の古本屋店内についての証言者(証言の一部が食い違っている)


小林刑事    有能な刑事

甲第4号証 見取図